在未来,住宅的发展趋势和设计思路可能会是怎样? | 目的地Destination

在未来,住宅的发展趋势和设计思路可能会是怎样?

住宅は「建築」というより「多様な産業の交差点」として進化していきます。 エネルギーを作る、使う、貯める。移動体で移動する。通信で人と繋がる、サービスを受ける。 ものを発送する受け取る。健康管理を行う。暮らしのデータの受発信をおこなう……。 このような営みが、従来の「食べる」「寝る」「憩う」に加えて、家の機能となります。 中国の産業の発展は、段階的に進んでいますが、不動産業がリードする時代は徐々に沈静化し、 e-コマースを前提としたプラットフォームビジネスが産業の中心になってきました。 これらの産業が人々の提供するサービスによって、家や暮らしのかたちも変わっていくと思います。 一方で、北京や上海、深圳などの大都市の地下は高騰し、地方から出て来た人々、 特に若者が安心して暮らすことが困難になっています。 本来であれば家族向きに作られた3LDKに、5人の他人が一緒に住んでいるなどという状況も 当たり前になりつつあります。こうした空間の共有「シェア」を前提とした 新しい住宅のかたちが、様々に登場すると考えられます。 都市は、都市計画によってできるだけではなく、そこに暮らす人々の欲望の反映であると考えられます。 したがって、よりよい都市を作り上げることは、その基盤である「暮らし」を進化させること、 すなわち、都市に暮らす人々の欲望の水準を引き上げていくべく「欲望の教育」が重要になるでしょう。 デザインとは、別の言葉で言えば、欲望の教育であるとも言えるのです。

住宅与其说是「建筑」,接下来也许更将被视作「众多产业的交汇点」得以进化发展。它不仅耗能,亦可储能,甚至产能;借助移动体即可移动;依靠通信可与人产生联系;享受服务。

收取并寄发物品;进行健康管理;发送并接收生活数据……

除以往提供给我们「用餐」、「就寝」、「休憩」的场所外,以上活动将成为家的新功能。

中国的产业发展尽管呈阶段式推进状态,但很明显,房地产所引领的时代已暂告一段落,

接下来基于电子商务的平台经济将成为产业的核心。

相关产业也将凭借人们提供的服务,影响家居生活的形态使其发生变化。

另一方面,由于北京、上海、深圳等大城市的地价房价攀高不下,因此来自地方的人们,

特别是年轻人难于安心生活。

原本面向家庭建造的3居室,现在由5个彼此不认识的人合住,

而这种状况已渐渐变得习以为常。可以想见:

以这种空间共享「share」为前提的新的住宅形式

将以不同样貌出现在我们面前。

城市并不仅在规划下实现,同时还是生活在此的人们的某种欲望的体现。

因此,为了打造更好的城市,就要让作为其基石的「生活」得以进化,

也就是提升城市居民的欲望水平,由此可见:「欲望的教育」极其重要。

我们如果换个说法来命名设计,则还可称其为:欲望的教育。

来源:知乎 www.zhihu.com
作者:原研哉

【知乎日报】千万用户的选择,做朋友圈里的新鲜事分享大牛。 点击下载

此问题还有 14 个回答,查看全部。

分享

在未来,住宅的发展趋势和设计思路可能会是怎样?:等您坐沙发呢!

Leave your comment